ボタン32

平成28年度 沖縄研修旅行報告 

11月29日(火)

羽田空港から那覇空港へ。沖縄に到着後、平和学習の一環としてガマ体験・ひめゆり平和祈念資料館を見学しました。ガイドさんの話を聞き、改めて戦争について深く考えることができたようです。その後、ホテルでの夕食、宿泊を通してクラスの親睦を深めました。

 

11月30日(水)

2日目は系列別コースに分かれての体験活動でした。マングローブでのカヌー、美しい海でのシュノーケルやバナナボート、コザの街歩き、ドルフィンとのふれあい体験など、様々な体験を楽しみました。天気にも恵まれ、とても良い思い出ができたようです。その後、金武町に移動し、入村式を行いました。各民家さんと対面した後、それぞれの家に別れていき、各民家で夜を過ごしました。

 

12月1日(木)

3日目はあいにくの天気でしたが、各民家で様々な体験をしたようです。おじいとおばあに三線を教えてもらったり、サーターアンダギーを作ったり、海に連れて行ってもらったり、パターゴルフをしたり、クリスマスツリーの点灯式に行ったり。とても温かく迎えてもらったようで、食事が大変美味しい、民家さんがとても優しくて面白い、と感動していました。民家泊は2泊のため、この日も仲良くなった民家さんたちとの夜を楽しみました。

 

12月2日(金)

最終日。生徒たちは朝、退村式を行いました。民家さんとの別れを惜しみつつ、それぞれお礼を言い、金武町を離れました。その後はそれぞれ班に分かれて国際通りにて自由行動しました。那覇空港では全員時間に遅れることなく集合し、無事に神奈川に帰ってくることができました。

 

4日間という短い期間でしたが、各民家の方々には様々な体験をさせて頂きました。多くの人、物に触れ合うことができ、様々なことを学ぶことができた、とても充実した研修旅行となりました。


ページトップ